今の五反田風俗のスタイルを形作った昔の風俗事情にも少し触れておく

大人の男のたしなみといえば「風俗」です。月に何度も足を運び、風俗通いが生活の一部となっている男性も多いのではないでしょうか。首都圏はもちろん、地方にも様々な風俗店が軒を連ねており、今も尚活気付いています。そんな風俗ですが、そもそもどうやって発展してきたのでしょうか?ここでは、意外と知られていない「風俗の歴史」を紐解いていきます。

◆日本で始めて身体を捧げたのは「巫女さん」だった
歴史は江戸時代初期まで遡ります。今となっては「性交渉=はしたない」というイメージが定着していますが、その頃の日本は性に対してとてもオープンであり、いわゆる「夜這い」がそこらじゅうで行われていました。初対面の男女が意気投合し、そのまま林の中に消えていくのはあたりまえだったのです。

とはいえ、江戸時代以前、性交渉は「聖なる行為」として考えられていました。そのため、「神との交信」を目的に、神に最も近いとされる「巫女」との性行為が行われていました。つまり、性風俗の元祖は巫女による行為だったのです。それから性交渉に対する考え方がゆるくなり、江戸時代に「遊郭」と呼ばれる現代の風俗街が誕生します。

◆「吉原」には男性のみが入ることができた
「吉原炎上」の舞台となる、江戸時代最大の遊郭街が「吉原」です。当時、遊郭は全国各地に転々としていましたが、様々な遊郭が一箇所に集まり、一つの街を形成していました。吉原は基本的に「女子禁制」であり、男性のみが足を踏み入れることを許されていたのです。

1958年頃に法律が変わり、吉原を含む遊郭がどんどん消えていきました。その裏で「連れ込み宿」や「ソープランド」として営業をはじめ、現代の風俗により近いものとなっていきます。

◆第二次世界大戦後の「パンパン」
第二次世界大戦後、日本は戦争によって国全体が疲弊していました。仕事は無く、経済もうまく回っておらず、治安は最悪でした。その間、自分達の生活をより良いものとするため、「売春」を行う女性達が現れます。その頃には、アメリカ軍が駐在していたため、アメリカ人相手の売春で大きな利益を上げていたのです。

そういった娼婦達は「パンパン」と呼ばれました。昭和後期から平成にかけて、パンパンを題材とした映画も作られ、今ではレンタルビデオ店などで借りることもできます。その後、性風俗は風営法や時代の波に流されながら、様々な発展を遂げていきます。現代の風俗が確立されたのは、平成に入ってからと言われています。

テクが凄すぎて全身リップで射精をしてしまうことが多い秋葉原の風俗

風俗でもう当たり前に体験できるプレイが全身リップです。嬢が丁寧に全身を口で愛撫してくれるという夢のような技ですが、これが気持ち良すぎて、発射してしまいそうになる方も多いのではないでしょうか。しかしここで発射したら馬鹿にされてしまうのでは、と悩みつつ我慢して、次のプレイに入るという流れの方も多いでしょう。

実際には嬢は全身リップでイカせようとは考えていません。むしろ「まだイカないでね?」という考えで行っているのですが、気持ちいいものは気持ちいい!執拗に責められたら、発射したくなっても不思議ではありません。「まだイカないでね?」という感覚で責められるから、逆にイッちゃいそうになるわけです。なので発射してもOKです。

逆に「そんなに気持ちよかったのかしら」と嬢は喜んでくれますし、お客様としては貴重で助かる存在だと認識してくれるのです。やっぱり風俗は抜いてこそ、嬢の技が認められた週刊でもありますし、我慢は風俗では禁物です。普段なら早くイキ過ぎれば怒られるプレッシャーがないということを覚えておくとかなり楽しめるようになれます。

それに全身リップだけでイカせられるほどのテクニックの嬢は、そのあとに続くプレイでどんどん勃起させることも可能なのです。そこを考えると、抜かれまくってしまったほうが料金以上の価値があるのではないでしょうか。幾度となく発射する経験は普通のHではないですよね。でもさまざまなジャンルに在籍する嬢が相手なら不可能ではありませんよ。

早くイッても文句は言われませんし、むしろ喜ばれます。やっぱり自分の仕事の成果が目に見えると誰でも嬉しいものです。嬢も同じですから、全身リップという最初のプレイで発射したってOKなのです。これもまたHなサービスを受ける特権ですし、抜かれすぎてフラフラになるという経験もしておくと、新しい何かを発見できるのです。

テクニックはとにかくお客様をHな楽しみに浸らせて、気分よく発射してもらうことを目標に開発されています。だから全身リップだってもともとは気分よく最初の発射をしてもらうためのものなので、気にせず、我慢せず、発射しましょう。

全身リップで発射した際に謝らなくてもいいでしょう。「あ、やっちゃった!」と慌ててるなら、嬢に「気持ち良すぎて出ちゃいました」と素直に嬢のテクニックを称賛するほうが、全身リップの後に行われるプレイもリラックスして楽しめるように嬢も頑張ってくれます。風俗では我慢しなくていいのです!